紫寶山眞廣寺

あんたも おこつになるよ いきとるんか うごいとるんか どっちや 〜ふじい じとう 〜

今月のことば(10月)

あんたも お骨になるよ 生きとるんか 動いとるんか どっちや

 藤井先生は「妻は坊守として、私は住職として、それぞれが仏法を聞いてきたという思いに立っていましたけども」と続け、「妻の病床での「侮っとった」という一言」で、いかに仏法を「我がごと」としてきくことが難しいかを思い知ったと告白しておられる(真宗会館・言の葉サイトより)。

 かつて御命日を「御明日」と書いた。生を明らかにする日の意味だ。なぜ一周忌を二回忌と呼ばないのか。それは死者の記憶を起点として、私自身、年月を〝一周〟して、さていかがかと自問自答するためではないか。

 私たちは「生きて・活動している」。だから生活という。だが今、活動さえ豊かならばそれで幸せと錯覚させるような綺麗ゴトが世間には溢れている。本来コロナ禍で思い知らされ、そして忘れてならないのは「私もお骨になる」という事実であろう。そこからやがて終えるであろう生の厳粛さを深く「我がごと」と考えるべきではないのか。

 そして問い続けないといけないのは、今まさに、そのイノチをちゃんと「生きとるのか」、それともモノとコトとカネに踊らされ、ただ「動いとる」だけなのかということである。人生は一度きりだというのに。

年間行事予定2020(令和2)年

  • 修正会(しゅしょうえ)…1月1日(除夜の鐘後)

                  • …1月2日 午前7時より

  • 春季永代経 … 3月15日(日)感染症を考慮して縮小実施。

  • 他所経常費集金 … 7月12日(日)

  • 境内葉刈作業 … 7月26日 (日)

  • 秋季永代経 … 10月18日(日)

  • 報恩講 … 12月4日(金)〜12月6日(日)

        • 4日夜 → 子ども報恩講

        • 5日夕 → 御傳鈔拝読(法話後)

        • 6日午後 → 門徒総会

しんこうじ基礎知識1

本尊:阿弥陀如来[南無阿弥陀仏]

宗旨:浄土真宗 [ 真宗 ]

宗派:真宗大谷派

本山:東本願寺(真宗本廟)

宗祖:親鸞聖人

しんこうじ基礎知識3

勤行:〜平素のおつとめ〜

前住職:竹中静純 / 現住職:竹中慈祥

寺報:翫湖堂だより(季刊)

ソーシャル

連絡・お問い合わせはこちら

紫寶山真廣寺(しほうざんしんこうじ)

〒521-0002

滋賀県米原市上多良309番地

0749-52-4145

住職: 竹中 慈祥(たけなか じしょう)


1968年(昭和43年)生まれ
現在、真宗大谷派難波別院法務部長東本願寺寺院活性化支援員前・大和大谷別院輪番事務取扱元・大阪教区駐在教導元・難波別院教務部部長事務取扱(南御堂新聞準編集長)
出張法話など承ります。お気軽にお声がけください

リンク