紫寶山眞廣寺

パンデミックが ぼくらのぶんめいを レントゲンにかけてるところだ パオロ・ジョルダーノ

今月のことば(10月)

パンデミックが 僕らの文明を レントゲンにかけてるところだ 〜パオロ・ジョルダーノ〜

 静かな電車内で大声が。見れば男性が口論中。会話内容から片方の男性が着席するとき膝が強く当たったことが原因のようだ。双方譲らず長引く勝負。でも見ているこっちは滑稽ですらある。なぜなら結局となり同士、仲良く座っているのだから。

 思えば感染症拡大で行動が制限され、私たちの間に目に見えない苛立ちが蔓延している。これもウイルスのようなものだ。新聞やテレビ、ネットで他人や隣人を貶めあう、知性の低い言葉の応酬が並ぶ。みな「苛立ち感染症」に罹っているようだ。

 移動手段がウイルスを拡散し、公共機関では肩が触れても罵り合う。情報共有は争いの舞台。便利なはずの文明でもって自分たちの首を締めている人間たち。ただし、これは悲惨な現象ではない。見ないようにしてきた人間の愚かさと浅ましさの本質が炙り出されているだけ。コロナによる「レントゲン」の人類健康診断。平素の不摂生の賜物だ。

年間行事予定2021(令和3)年

  • 修正会(しゅしょうえ)…1月1日・1月2日 午前7時より

  • 春季永代経 … 3月21日(日)通常どおり勤めます

  • 他所経常費集金 … 7月19日(月)

  • 境内葉刈作業 … 7月25日 (日)

  • 秋季永代経 … 10月17日(日)

  • 報恩講 … 12月3日(金)〜12月5日(日)

      • 3日夜 → 子ども報恩講

      • 4日夕 → 御傳鈔拝読(法話後)

      • 5日午後 → 門徒総会

  • 除夜の鐘…12月31日 午後11時より(引き続き修正会)

しんこうじ基礎知識1

本尊:阿弥陀如来[南無阿弥陀仏]

宗旨:浄土真宗 [ 真宗 ]

宗派:真宗大谷派

本山:東本願寺(真宗本廟)

宗祖:親鸞聖人

しんこうじ基礎知識3

勤行:〜平素のおつとめ〜

前住職:竹中静純 / 現住職:竹中慈祥

寺報:翫湖堂だより(季刊)

ソーシャル

連絡・お問い合わせはこちら

紫寶山真廣寺(しほうざんしんこうじ)

〒521-0002

滋賀県米原市上多良309番地

0749-52-4145

住職: 竹中 慈祥(たけなか じしょう)


1968年(昭和43年)生まれ
現在、真宗大谷派難波別院法務部長東本願寺寺院活性化支援員前・大和大谷別院輪番事務取扱元・大阪教区駐在教導元・難波別院教務部部長事務取扱(南御堂新聞準編集長)
出張法話など承ります。お気軽にお声がけください

リンク