紫寶山眞廣寺

くるしいことから にげていると たのしいことからもとおざかる

今月のことば(7月)

苦しいことから逃げていると 楽しいことからも遠ざかる

コロナ禍で時間がもったいないと、職場の寮仲間で筋トレがブームになった。NHKで“筋肉は裏切らない”という言葉が流行したように、筋トレは苦しく厳しいが、その分「健康」という楽しみが待っている。

実は精神にもトレーニングが必要であって、それは「私はなぜ生まれてきたのか」「私はどう生きるべきか」「人生の意味とは何か」と妥協することなく問うことである。しかしどうだろう、現代は日常と精神の線引きが曖昧になり、厳しさといっても金もうけか人間関係ぐらいしか興味がなさそうだ。多くの人が本気で人生を問うことなく、安っぽい感動を求めたり、安易な言葉にすがりつく。その一方で問題を他者に転嫁し、辛辣に責め立てている。

先日、コロナ禍に寄せ「そもそも不安はなくならないものだ」という一文を書いた。すると「厳しすぎる」「優しい言葉が欲しい」などというご意見をいただいた。日常生活ならまだしも、人生の事実に対して真剣に考えるとき「大変だったね」と撫でてくれるような思想は偽宗教・偽哲学にすぎないと申し上げたい。それらは精神に贅肉をもたらすだけで、まことの生の喜びからは遠ざかるばかりである。

年間行事予定2020(令和2)年

  • 修正会(しゅしょうえ)…1月1日(除夜の鐘後)
                    • …1月2日 午前7時より
  • 春季永代経 … 3月15日(日)感染症を考慮して縮小実施。
  • 他所経常費集金 … 7月12日(日)
  • 境内葉刈作業 … 7月26日 (日)
  • 秋季永代経 … 10月18日(日)
  • 報恩講 … 12月4日(金)〜12月6日(日)
        • 4日夜 → 子ども報恩講
        • 5日夕 → 御傳鈔拝読(法話後)
        • 6日午後 → 門徒総会

しんこうじ基礎知識1

本尊:阿弥陀如来[南無阿弥陀仏]

宗旨:浄土真宗 [ 真宗 ]

宗派:真宗大谷派

本山:東本願寺(真宗本廟)

宗祖:親鸞聖人

しんこうじ基礎知識3

勤行:〜平素のおつとめ〜

前住職:竹中静純 / 現住職:竹中慈祥

寺報:翫湖堂だより(季刊)

ソーシャル

連絡・お問い合わせはこちら

紫寶山真廣寺(しほうざんしんこうじ)

〒521-0002

滋賀県米原市上多良309番地

0749-52-4145

住職: 竹中 慈祥(たけなか じしょう)


1968年(昭和43年)生まれ
現在、真宗大谷派難波別院法務部長東本願寺寺院活性化支援員前・大和大谷別院輪番事務取扱元・大阪教区駐在教導元・難波別院教務部部長事務取扱(南御堂新聞準編集長)
出張法話など承ります。お気軽にお声がけください

リンク