紫寶山眞廣寺

ただしさは にんげんからは なりたたない ただしさは あたえられる もの 〜いけだゆうたい〜

今月のことば(1月)

正しさは人間からは成り立たない 正しさとは与えられるもの 〜池田勇諦〜

私たちが話し合い、議論する時には必ず双方で「立場」をもつ。

例えばAさんにはAさんの、BさんにはBさんの立場があって話をすることになる。ということは互いに川の対岸に立って議論するようなもので、自分の「正しさ」を抱きしめているが故に、どれほど努力したとしても、双方の歩み寄りは起きない。

考えればわかるようなことだけれど、人はそれに気づかなくて、友人・家庭・地域・国家で争いを起こす。実は家庭内問題も国際問題も結局同じこと。「自分の正しさを握りしめて相手を殴りつける愚」が根底にあるのだ。

では真実の正しさはどこで得られるのか。それはお互いの「偏り」を教えてくれる眼に照らされるしかない。

人である以上、AさんもBさんも双方に正義の思いはあるだろう。けれどもその正義自体が、必ず自分目線に思考する偏りをもつもの。偏りを知らしめ、気づきを与えてくださるはたらきが真実である。

南無阿弥陀仏は一見、頼りないように見えるだろう。だがそれこそが偏った自分の正義に気づけよ、という真実からの呼び声そのものである。

年間行事予定2020(令和2)年

  • 修正会(しゅしょうえ)…1月1日(除夜の鐘後)
                    • …1月2日 午前7時より
  • 春季永代経 … 3月15日(日)
  • 他所経常費集金 … 7月12日(日)
  • 境内葉刈作業 … 7月26日 (日)
  • 秋季永代経 … 10月18日(日)
  • 報恩講 … 12月4日(金)〜12月6日(日)
        • 4日夜 → 子ども報恩講
        • 5日夕 → 御傳鈔拝読(法話後)
        • 6日午後 → 門徒総会

しんこうじ基礎知識1

本尊:阿弥陀如来[南無阿弥陀仏]

宗旨:浄土真宗 [ 真宗 ]

宗派:真宗大谷派

本山:東本願寺(真宗本廟)

宗祖:親鸞聖人

しんこうじ基礎知識3

勤行:〜平素のおつとめ〜

前住職:竹中静純 / 現住職:竹中慈祥

寺報:翫湖堂だより(季刊)

ソーシャル

連絡・お問い合わせはこちら

紫寶山真廣寺(しほうざんしんこうじ)

〒521-0002

滋賀県米原市上多良309番地

0749-52-4145

住職: 竹中 慈祥(たけなか じしょう)


1968年(昭和43年)生まれ
現在、真宗大谷派難波別院法務部長東本願寺寺院活性化支援員前・大和大谷別院輪番事務取扱元・大阪教区駐在教導元・難波別院教務部部長事務取扱(南御堂新聞準編集長)
出張法話など承ります。お気軽にお声がけください

リンク