以前のおしらせ

真廣寺御開山(親鸞聖人御影)が、長浜市歴史博物館に出張されています(2019年5月1日)

真廣寺の御開山(ごかいさん・宗祖親鸞聖人のことです)御影(ごえい・絵姿を掛け軸にしたもののことです)は、今から400年ほど前の、東本願寺開祖・本願寺12代教如上人から授与いただきました。

このたび、長浜教区宗祖親鸞聖人750回御遠忌にあわせて開催中の「長浜城歴史博物館〜親鸞とその信仰の潮流〜」になんと出張されることとなりまして、今しんこうじにはおられません。もしかするとおテラ始まって以来のことじゃないかなと。ぜひご興味のある方は、5月26日までの展示ですので足をお運びください。

←左はFacebookに掲載した記事です。